about

もみじまんじゅうは、小豆の皮を取り除いた藤色のあんこをもみじの形のカステラで包んだ、宮島銘菓として皆様に親しまれています。 このもみじまんじゅうは、明治三十九年頃、宮島の老舗旅館「岩惣」の女将によってお茶菓子として考案され、製造されました。 その後、製菓部の初代岩村栄吉に引き継がれ、明治末期「岩村もみじ屋」が創業いたしました。その味を守り現在へと引き継ぎ、今では宮島に現存する最も古いもみじまんじゅう屋となっております。